ファイアンス焼きの陶器に魅せられて

 

秋の空が高く、気持ちの良い秋日和が続いています。

 

そして、秋の深まりとともに冬の訪れも感じる今日この頃。

 

ファイアンス焼きの陶器が持つ、独特の柔らかな美しさに魅せられています(^^)

 

 

フランスを代表するファイアンス焼き陶器ブランドのひとつ。

「GIEN-ジアン-」窯のアンティークの陶器。

 

「GIEN -ジアン-」は、1821年パリの南ロワール河岸にある、とても美しくのどかな「ジアン」という町に設立された歴史ある窯です。

 

創業当時は、人々の生活に密着した陶器が中心でしたが、パリ万国博覧会での金賞を受賞したことで注目を集め、ヨーロッパ各国の貴族や名家からのオーダーメイドのテーブルウェアを手掛けるなど、知名度を高めていきました。

 

 

 

毎日でも使いたい!と思ってしまうような、可愛らしいプレートは、創業当時の

生活に密着した陶器を作っていた頃を感じさせてくれます。

 

 

 

すずめたちの賑やかなおしゃべりや、波の音、吹き渡る風の音まで、聞こえてきそうです。

 

 

 

そして、

「Choisy Le Loi -ショワジール ロア-」

 

 

 

市民革命後のフランス南東部の郊外で、作陶を始めたファイアンスリー。

 

 

 

小さなプレートに、可愛い鳥たちの楽しげに空を飛びかう姿が描かれています。

 

 

 

小枝に止まり、美しい声でさえずる小鳥。

 

 

 

 

様々な植物も、活き活きと描かれ……。

優しく、温かみのある陶器に時間を忘れて、魅入ってしまいます。

 

 

 

フランスの産業革命当時の最先端技術「銅板転写」で作られた陶器。

 

小鳥たちの楽しげな光景や生き生きとした植物も、

可愛らしいだけでなく、

懐かしく、

温かく、

そしてなぜか、せつなくも感じられる。

それが、ファイアンス焼きの魅力なんだなぁ…と、

しみじみ実感しています。

 

 

 

 

 

Instagram更新中です(^^)♡ ギャラリー陶夢Instagram からご覧いただけます♪

鹿児島市甲突町にある、ミッドセンチュリー家具を取り扱う姉妹店、HARRYS ANTIQUE MARKETのホームページはこちらです→ HARRYS ANTIQUE MARKET 是非ご覧になってみられてください☆HARRYS ANTIQUE MARKET Instagramもよろしくお願いいたします☆